リオナ一の果報者

MMO「リネージュ2」リオナ鯖でウロウロしている果報者の、泣き笑いな日々のあれこれです=w=

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママのピアノ

えらい久しぶりにTSUTAYA行ってCDをレンタル。
去年の9月くらいから行ってなかったのでリリース時期もバラバラですけど、こんな感じ
(枚数行きそうだったので、今日はシングルだけレンタル)

・『supernova/カルマ』:BUMP OF CHICKEN
(『ロストマン/sailing day』を思い出させるじっくりじんわり+即効性の2極構成なシングル。前作『プラネタリウム』でも思ったのですけど、藤原くんの作曲能力はステージが更に一段上がった気がします。個人的に藤原くんの描くバラード曲は、初期作の『Ever lasting lie』等冗長に感じることが多かったのですけど、近作ではどのフレーズも“在るべき場所に在る”感じですね。長く味わいたい1枚です。)
・『ENDLESS STORY』:REIRA(YUNA ITO)
(映画「NANA」劇中曲。中島美嘉の『GLAMAROUS SKY』は出てすぐに借りたのですけど、こっちは個人的にピンと来なくて…。声質がドライなんかなあ…メロの割に“泣き”が弱い気がします。でもc/w『JOURNY』を耳にしてこっちは良かったので今回借りてみました。タイトル通り突き抜ける感じが、うん、気持ちいい。)
・『ナミダボシ』:パピーペット
(アニメ「BLACK CAT」ED曲。大阪ローカルでは以前から目にすることがあって「…なんかの企画モン?;」だったのですけど、佐久間正英御大に鍛えられたのか一皮向けた感じ。このガチャガチャ感、好きやわあ。ジッタリン・ジン辺り思い出すね。…ただ、c/wのこのベタさが全国的にはどうなんか気になりますが、はてさて。)
・『きみのて』:EVERY LITTLE THING
(シンプルに淡々と歌われれば歌われるほど、描かれる世界と込められた感情は深くなるもので。前向きではあるんやけど、しみじみ、切ないなあ…。)
・『青空のナミダ』:高橋瞳
(アニメ「BLOOD+」OP曲。「ガンダムS.D.」のOPやったデビュー曲は曲が好きやなかったのでパスしてたのですけど、こっちは芯のある強い声とバンドサウンドが噛み合っていい感じ。ノンビブラートのちょっと固めの声やし、音符の動きのある曲の方がこの子は合ってるんちゃうかなあ。タイトルトラックもいいけど、個人的にはc/w『もうひとつの夜明け』の方が好き。…こういうキーボード好きやねん。)
・『ママのピアノ』:風味堂
(“声質”って上手い下手と別次元の要素で。ここのVocalの渡さんも、歌うべくして歌ってる人やなあと。ハスキーな歌声と無邪気なピアノ。バーの片隅でグラスを傾けながら聴きたい一曲。)
・『Tip Taps Tip』:HALCALI
(アニメ「エウレカ7」ED曲。以前の“ゆるゆるコギャルラップ”は嫌いやったので聴く気にならなかったのですけど、これはいいなあ。バックトラックのクールさと二人のゆるゆる感が混ざり合って気持ちいい。)
・『かざぐるま』:一青窈
(映画「蝉時雨」テーマ曲。この人の歌はなんて言うか…渋いねえ。セピア色の恋心。しみじみ、しみじみ…。…そんなイメージしかもってなかったので、c/w『ホチkiss』のポップさにびっくり。こっちも愛らしくていい感じ。)
・『NO.1』:U.N.O.BAND
(まあ…企画モノではあるのですが。歌もそんなに破綻してないし、元々スネオヘアー好きなので。みんな一生懸命に歌ってるのがほほえましかったり。…まあスネオヘアーのアルバムでセルフカバーしてるみたいなので、そっち聴きたくはあります、はい)

今回は9枚とも聴いたことある奴を借りてきたので、全部アタリですな。幸せ幸せ=w=♪
でもまだまだチェックしたいのがあるので、また行かねばー。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。