リオナ一の果報者

MMO「リネージュ2」リオナ鯖でウロウロしている果報者の、泣き笑いな日々のあれこれです=w=

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の時間

ちと今クローンネタの原稿をやってるもので、参考にと思って10年以上ぶりに本棚から新井素子さんの『今はもういない私へ…』(ハヤカワ文庫版)を引っ張り出して読んでたのですけど。
これのカップリングで入ってる「ネプチューン」を読んでたら、頭の中で谷山浩子さんの「海の時間」(アルバム『ボクハ・キミガ・スキ』収録)が流れてたもので、こっちも久しぶりにレッツ・プレイ(生憎ウチが持ってるのはベスト盤の『HirokoTaniyama'90s』なのですけど・。・;)
カンブリア紀と現代(作中では23世紀ですが)とを繋ぐ強い強い“想い”…「ネプチューン」終盤の怒涛の流れのあとにゆったりとしたこの曲流すと、非常に余韻に浸れていい感じです=w=
(ちなみに浩子さんの曲で一番好きなのは「銀河通信」。夜中に一人で聞いてると、なんていうか…“救われ”ます…)

で、「ネプチューン」読んでたら、同じ“時間”を扱ったSFマンガでやまざき貴子さんの『GONDWANA』(白泉社・花とゆめコミックス)を思い出して。これまた久々に本棚の奥からゴソゴソ。
貴子さんは、最近はちょっとご無沙汰してるのですけど;『っポイ!』の16巻あたりまでの単行本は全部持ってるくらい好きで。なかでもタイムマシンものの“ムシ”シリーズであるとこの『マリー・ブランシュに伝えて』とこの『GONDWANA』は特に好きなのであります。いわゆるオトメおやじなのであります(・・テヘ
…マジ泣きするからね==

…や、理数系に弱いアタマなので、あんまりハードなSFはついていけないのですけど^^;こういった、情緒的で適度にハードなSFは昔から好きですね。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。